ISO9001を取得すれば会社の内外で多くのメリットが

ISO9001取得のために

IT

ISO9001のマニュアル作成

ISO9001資格取得は、独学で行おうとするとかえって時間とお金がかかってしまいます。そのため、多少お金がかかってもプロのコンサル会社に依頼してセミナーを受けた方がコストを抑えることができます。ここでは、そんな資格取得のための準備や勉強を行なう場合に、コストを安く抑えるための方法を紹介します。

READ MORE

ISO9001とは

ISO9001とは、ISO(世界標準化機構)による品質マネジメントシステムの規格です。ISO基準による審査を通過して取得することで、その会社は品質マネジメントが確立されているという証明になり、安定したクオリティの商品とサービスを提供できるという証明になります。なお、ISOはスイスのジュネーブに本部がありますが、世界各国の標準化団体による集いであり、日本からも1団体が参加しています。工業、農業、医療などの標準なクオリティの基準を提供しており、世界各国のあらゆる分野の品質の維持、提供に貢献しています。

ISO9001を取得して得られるメリットTOP3

no.1

会社の運営が安定化する

ISO9001取得による最大のメリットが、会社運営の安定化です。例えば、あなたが工場経営をしていたとして、作っている製品のクオリティが不安定だったら安定したサービスを提供できません。また、会社内で何らかのトラブルがあった場合、マニュアルがなければ個人の判断で対処するしか無く、結果状況をより悪化させてしまう可能性もあります。ISO9001のためにマニュアルを作成することで、こういったリスクはすべて解決できます。サービスや製品作成のクオリティは安定するので廃棄を増やして無駄なコストを増やすこと無く、正しい対応を覚えることで会社の評判を下げること無く、マイナスの要素をすべて大幅にカットする可能性があるのが、ISO9001のマニュアル作成です。

no.2

信頼を得られやすい

ISO9001を取得しているということは、ISOによる基準をクリアしているということであり、それは高い信頼へつながります。取引先としても、こちらの品質が安定しているか否かというのは非常に重要であり、ISO9001を取得していることでこちらがきちんとシステムのマニュアル化を行い、品質の安定化に努めていることをアピールできます。そのため、近年では大手企業以外にも中小企業も受注先を増やすためにISO9001の取得を行っている企業が増加傾向にあります。

no.3

余計なトラブルを防ぐ

会社が大きくなればなるほど、人員が増えれば増えるほどISO9001は効果を発揮します。例えば、あなたが日本全国にたくさんの会社を持つ大企業の社長だったとしましょう。その時、自分の見えないところであちこち何かトラブルが起きた時、あなたはどうしますか?各々の判断に任せて解決を図るというのは非常に危険であり、その判断も何らかの基準がなければ答えはなかなか出ないものです。そして、判断が遅れれば送れるほど、より損害は増えていきます。ISO9001取得によりそういったリスクはなくなります。結果、損害を最小限に抑えることができます。

ISO9001を取得しましょう

キーボード

ISO9001取得のために。準備編

ISO9001を取得したいのであれば、まずは準備をしなければなりません。取得のためのチームを組織し、チームが中心となって作業手順やトラブル対応といった様々なシステムの手順や作業内容をマニュアル化していきます。これは非常に細かいところまで作る必要があり、完成後もその基準を元に作業を行い、業務に支障がないかということを確認していきます。そして、その作業を作業員がきちんと行なうことが出来るかどうかを確認すれば、準備は完了です。

ISO9001取得のために。審査とその後編

準備が終わった後は、実際に審査を受ける必要があります。審査はISOの審査機関による審査により、合否判定を行ないます。この審査は月単位で行ない、問題がないとされれば、晴れてISO9001を取得できます。しかし、その後定期的なチェックを行ない、きちんとマニュアル通り行われているかどうかの査察があります。また、状況に応じてマニュアルの変更なども行われます。